青汁で栄養たっぷり

体にいい青汁は、罰ゲームに使用されるほどおいしくないのが当たり前でしたが、現在ではとっても口あたりがよくなり、余計なものを入れなくても十分飽きの来ない製品が増えてきました。しかし、どんなにおいしいドリンクでも、味やスタイルが同じものを毎日繰り返していては、飽きて長続きしなくなる可能性があります。青汁は自分用というだけでなく、お子さんや高齢の方などご家族全員で摂取している場合でも続けやすいように、料理に混ぜて補給する方法も知っておくと便利です。

ふりかけに青汁の粉末を混ぜこめば、朝食や夕食、ランチのお弁当にも無理なく取り入れられます。卵焼きに加えれば、色は抹茶色のようになりますが栄養満点です。だし汁に青汁を溶かすのですが、だし汁ではなくミルクにするというアレンジもオススメです。ミルクと砂糖、青汁を入れると、スイーツのようなおいしさを楽しめます。

ポタージュスープに入れると、ホットはもちろん冷製スープとして夏場でも1年中飲むことができます。玉ねぎの具材を入れ、残りご飯でとろみがつくのでおいしく仕上がります。バナナに練乳と青汁をかけるだけという食べ方は、腹もちがよく栄養豊富です。 手軽に作れる料理で青汁のレパートリーを増やせるよう、当サイトで活用法を取り上げています。野菜を調理している時間がないから青汁を選んでいるという人に、ちょうどいい簡単なレシピばかりです。青汁の味が料理の邪魔をしませんので、ぜひ当サイトを参考にして実際に作ってみてください。